記事一覧

海外留学

今日は夏に数名、海外のアカデミーに行きたいと言う希望があったのでその1人の親御さんとお会いしてきました。

先ず気になるのは!

※戦績って必要?

※英語話せないけど大丈夫?

って事が一番の心配の種だと思います。

今までもそうでしたが、1つ言えることがあります。

その子自身はどう思ってる?

って事です。

子供自身が「なんとかなる」と思えばなんとでもなるし、英語とか技術とか、戦績とか関係ありません。

ただ、テニスが好きなのか?そしてその「タイミング」なのか?と言うことです。

それは親が決めると言うより、子供が決めて、親が感じ取ると言う点にあります。

本当に☆きっかけ☆はいきなりやってきます。

今回のメンバーもそれぞれのタイミングが偶然かさなって渡米するに至りました。

結婚するのはタイミング!と良く聞きますが(私は独身なので見聞きしたことしか伝えられませんが、笑)海外に行くのも「タイミング」だと言うことです。

できれば、少なくとも2週間は行きたいものです。

そこには喜怒哀楽が存在するからです。

楽しいと感じるのは初めの一週間、二週目、三週目、1ヶ月、3ヶ月、半年となるとどんどん色んな苦労や困難が身の上にふりかかる事もあります。

例えば、熱が出たり、体力が持たなかったり、周りのレベルが高かってついていくのがやっとだったり、試合やマッチで初めは全く歯が立たなかったりします。

でも、それらの中でどれだけ

自分の価値観を見いだせるか

そして、それを、楽しめるか?にあるかが大切になってきます。

スポーツも勉強も探求していくと必ず壁にぶち当たります、所謂、そのステージでの「課題」(テーマ)です。

それを1つずつクリアしていく先に人生の醍醐味があると思います。

少しずつでも前進することができればどんな大きな夢も叶えられることでしょう。

テニスが上手くなりたいなら勿論ですが、テニスが好きだから視野を海外(国外)に向ける事は将来の大きな財産になります。

但し、一番難しいのは「タイミング」・・・

ここだと言う時に思い切れるかどうかです。

早すぎるならまだ、良いのですが、後回しにしてしまうと大切なタイミングを逃してしまいます。

気になるときは是非とも、思い切るべきでしょう。

英語ができなくとも生徒自身が「なんとかなる!」と思えば合格点!

まずは、一歩進んでみましょう!

今回サポート頂く平沢コーチ!いつもありがとうございます!

tennising4015@gmail.com

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント