記事一覧

跳ねるスピンストロークに対応するには

「スピンボールをうまく返せない!」 イースタングリップやセミウエスタンだとステップダウンの打ち方(スクエアスタンス)になることが多いです。 対処法としては・・・ スピンの対処なのですが、ステップダウン (踏み込む打ち方)の場合は上がりっぱなを ・叩く ・合わせて運ぶ のどちらかが最適だと思います。 ターゲットはネットの白帯をめがけるイメージです。 ※リズム良く打点をしっかり前で取る意識があると上...

続きを読む

ストレスの「種類」(3つ)

ストレスは大きく3つに分類されます。 1つ目は【物理的ストレス】 環境によって生じるもの。 cf.夏の暑さや冬の寒さなど 2つ目は【心理的ストレス】 精神にかかるもの cf.失礼、大切な試合での敗北、受験の失敗など 3つ目は【生理的ストレス】 肉体にかかわるもの。 cf.体が疲れる、風邪をひく、熱を出す もし、仕事や勉強、運動などで不安を感じたり、上手くいかなかった時には【どれが当てはまるか?】を探ってみること...

続きを読む

ドロップボレーの練習、スライスの練習

ボレーのラケットワークができない方におすすめ! ※青文字をクリックすると下記説明の動画をYouTubeで観ることができます。 【3段階指導法】 練習方法ステップ① ドロップボレーの練習その①/3 Practice of drop volley① 1st.手のひらを上に向けて Turn the palm up 2nd.ボールをつく Bounce the ball 3rd.小指の方向に回転をかけて弾ませる Bounce while moving in direction of little finger 練習方法ステップ②...

続きを読む

夏の水分補給

水を飲まずに体内の脱水症状が進むと 食欲低下や体温上昇のみだけでなく さまざまなトラブルが待ちかまえることになります。 体重の2%~3%の脱水で 運動能力の明確な低下や血液の濃縮が開始。 4~5%では運動困難・熱疲労に陥いります。 体重60キロの人なら、2.5リットル前後の脱水で動けなくなってしまう計算。 さらには7%の損失で幻覚症状が現れる。 10%の損失では完全な熱射病になる。 深い昏睡に陥...

続きを読む

海外留学

今日は夏に数名、海外のアカデミーに行きたいと言う希望があったのでその1人の親御さんとお会いしてきました。...

続きを読む

コートなしでサーブを強化する

サーブってそれが強いだけで(スピード以外にコースや回転量など)有利に立てます。 しかし意外と練習しない。 スクールなどでは休憩時間になることもかなりあります セレナやビーナス、大阪ナオミ選手などを見てもそれだけで有利に立てます。 なので、サーブは大切なのです! セレナとビーナスのジュニア時代のラインバーグコーチが著書「勝つテニス」の見開きで言ってますよね(^^;)(笑) 「この本、読む前にあなたはサーブ...

続きを読む

ショートラリーに目的を持たせる

スクールなどでよく用いられるこのメニューは意図を持たせると大きな効果を得られます。 大抵はただ当てて体を動かすためと言いますが、目的なくただ続けてしまうことが多い。 あとスクールでは体操同様、お客様が怪我をしたときの保険としておこなうこともしばし・・・ ロングのラリーは「距離感」と「時間」を体感できますが、反面、ラケットの力を借りて当てて飛ばしてしまっている感覚のまま終わっている人が殆どです。 ...

続きを読む

試合になると平行陣のボレーのミスが増える理由

練習で 平行陣でローやハーフボレーの練習をしたり アプローチからのファーストボレーセカンドボレーは上手く行くのだけども・・・ 試合になると全然できないのはなぜ?...

続きを読む